アカネコの生態をありのままにどうぞ。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏は終わり、POCも終わり。
2017/09/02/ (土) | edit |
201709020927438b0.jpeg
Plants of Circus!終了のニュースで夏が終わりました。

秋がやってきたので、夜長。
といいつつ、寝落ち。いくらでも寝てしまいます。


そんなこんなで、最近は、
Plants of Circus!について、メンバーのみんなについて、考えていました。

ユニット(バンド)を終了すると言うと、
「なんで? 何か理由があるのよね?」
という質問が飛んできます。当然。
理由はあります、複合的に。
説明が難しいけれど。

ただ、このタイミング。
2017年は、
私が一人になるべきタイミングだったのだと思っています。

一人になって、何が出来るのか出来ないのか。するのかしないのか。
何がしたいのか。
そんなことを考えるタイミングだったのでしょう。

そしてまた繫がれる人と繋がっていきたい。

20170902092547351.jpeg
Plants of Circus!
唯一無二の素晴らしいユニットだったと思っています。
私の自慢でした。それがいけなかったのかもしれないけれど、それでも私は私の周りの人々が好きだし誇りだし、尊敬もしているから。
そんな人々が私を選んでくれたことが幸せでした。
音楽的こだわりがなくてごめんなさいね。でも、これが第一でした。

個々の才能は集まることでその差がはっきりして、良さが引き立っていたと思います。
私はみんなと同じ感覚ではなかったかもしれないけれど、それでも、音を楽しむって実感できた活動で、周りの皆さんにも楽しんでいるのが伝わっていたはずだと思います。
なんで、こんなに愛すべき活動を止めてしまうのか…。
今は、ただ、心のコンパスに従っているとしか表現できないなぁ。

POCを応援してくださった皆さん、繋がってくれている皆さん、
これから、私個人にも興味を持っていただけるのであれば、ぜひ繋がりつづけていてください。
アカネコと言って活動していきます。
でも、好きに呼んでくださいね。それも嬉しい。

愛すべき、うちのメンバーへも少し。

20170902094406001.jpeg
ムラカミマイ
私を見初めてくれて、こうやって音楽をする相手に選んでくれた彼女のおかげで、色々な人に出会えました。
繋いできたのは私の実力という自負はあるにしても、それでも彼女の才能の泉に私は何度となく癒されて力を与えられてきました。
感謝しかない。
絶滅寸前でも、滅びようがないムラカミマイの音楽を私も皆さんも知っていますよね。今後が楽しみです。

20170902094404ce2.jpeg
シラハタショウコ
POCをやりながら、彼女のソロライブをよく観ていて、同じユニットで歌っていることを不思議にもありがたくも思っていました。
POCでは、いつでも空気を作ってくれていた。曲でも、普段でも。
アロマ入りのスチーマーのように、個性を発揮できることを体現していた彼女です。
シラハタショウコの周りの空気は常に動いている。今後が楽しみです。

20170902094940893.jpeg
えりつぃん こと サカイデエリ
彼女には耳が三つあるんだと思います。
三つの耳は素晴らしい。音も声も気の動きすら聞き分けて、小さな口で、正しく話し、歌う。
囁く優しさと強さを持っている。
だから、とても頼りにしていました。
彼女のおかげで、私は歌が上手くなったはず。
私と彼女にはいくつかの共通点があって、今年はたぶん流れが近かったのです。
えりつぃんがサカイデエリになります。
今後が楽しみです。


皆さん、本当にありがとう。
必要な時はまたコンパスが同じ場所を指すのだと思います。

そうしたら迷わない。
そんなコンパスを持ち続けたいなと思って出発しました。
20170902094608e38.jpeg
これからも、どうぞよろしくお願いします。
また会いましょう、出会い直しましょう。
スポンサーサイト
むすびをほどいて
2017/08/17/ (木) | edit |
なぜ、ほどくのでしょうか。

集まり、分かれる。
帰ってゆく、それぞれに。

本当にひとりになってしまいました。

有言実行、言霊、時代の流れ

2017年、「個」と言ったのは私です。


個として逢えたあなたも
個として離れたあなたも
ありがとう、さようなら。
むすんだ時間は大切に持っています。


しあわせには違いない。
それを心の芯に置いて、紐解いています。

わかったことがあります。

気づきは、愛だ。
愛は、気づき、感じ、心を使うこと。

気づいてくれたあなたには愛を惜しみなく。
気づかない?気づかない振りをする?

私は気づきたい。気づかれたい。

そして、信頼されて、また結ぶ時間を大切にしたいのです。


私のアイデンティティがひとつずつ失われて、真っ新から始める。
もうすぐ夏の終わり。

20170815095206cb1.jpegヒグチユウコ 『すきになったら』の表紙の女の子
まどぎわで見つけたコンパス
2017/08/14/ (月) | edit |
まどぎわの三日間が終わりました。
初めてのアカネコ企画も終わりました。
20170815100351203.jpeg
その場に、心に、いてくれたあなたには愛を惜しみなく。
関わってくれた全ての人にありがとうを。

「満員御礼!」
集まりたいと思い、集まった人がまた素敵な出逢いを抱えて帰る。
最高でした。ドヤ顔でした。

みぞたちかちゃん
可愛い魔女だと言ったけれど、誰の気持ちも引きつける、愛の強い魔法を使える女性でした。

あしばりささん
優しい森の精と言ったけれど、美しい光だけでなく森の怖さも不気味さも知っている、妖精というより精霊でした。

Plants of Circus!
冬を越え、春を過ぎ、厚着をしていた4頭のラリララは薄着になると個性が出てきました。
みんなの出身地がわかったような。
東の海、西の空、南の森、北の大地

心のコンパスに従って、Plants of Circus!は東西南北のオアシスを目指していくのです。

そして、みんながラリララのように心にも音楽にもタネを持ち、世界に入って歌ってくれました。
最高でした、これが「まどぎわ」

中島尚志の物語が、この三日間でより愛すべき世界になり、ライブに来てくれた皆さんを包み込むことができた。
これが、すべて。
だけど、描ける世界以上の世界。

三日間ずっと主役で頑張ってくれた、絵描きの中島尚志くん
まどぎわ共同主催のNonsugar
いつもお世話になりっぱなしのイロリムラ
本当にありがとうございました。
201708151013512bc.jpeg
今後も、よろしくお願いします。
次回は11月3〜5日
まどぎわ 俣野蜜展
大好きな絵描きの蜜さんと初めてのまどぎわ。
アカネコ企画は11月5日(日)
蜜さんの絵に勇気をもらって、一人で立つつもりです。
真っ新から始めます。まっさら。

どこへ行こうかしら。

還浄
2017/06/15/ (木) | edit |
20170616082506322.jpeg20170616082508ea3.jpeg20170616082603171.jpeg

たくさんの花が、一緒に見送ってくれるようでした。

やさしい、かわいいと慕われた祖母も花みたいな存在だったんだろうな。

一世紀近くを生き抜いて、
孫8人、ひ孫13人。

みんな大好きな人でした。
だから、みんなが集まって。

旅立つ先に待っている人がいるって、みんなが信じている。
だから安らかです。

水無月 紫陽花 忘れない季節。

timing
2017/06/13/ (火) | edit |
タイミング

私の周りの人たちは、タイミングという言葉をよく使います。
まぁ、私も使いますが。

タイミングが自然に合うとき
タイミングを見計らうとき
タイミングを合わせにいくとき
タイミングをつかむとき

ちゃんと使い分けたいし、
「まぁ、タイミングやからね」
というばかりは、つまらないと思います。
勇気を持って、タイミングを選びたい。

タイミングはチャンスとは違って意識的なものなんだってどこかに書いてたもの。
大事な瞬間を、選び取るのは私。

そして、昨夜の出会い…
20170613091449921.jpeg
半額のメロン。
まさかメロンが!はチャンスだけど、
閉店前に行った私がつかんだタイミングなのでしょう。
逃しますまい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。